3月6日、小澤俊夫さん、緊急講演会報告。

平日の夜にもかかわらず、参加者約120名!

全館集中暖房のため、熱気で暑くても温度設定変えられず、大型扇風機を数台回しました。。。(@_@;)

 

まずは、「明日を守る若手弁護士の会」さん作成の、『王様を縛る法』の紙芝居をしました。王様を縛る法=『憲法』とは何なのか? をわかりやすく、かわいらしく、カンタン解説してくれているので、やってみました。ウチでもやってみたい!という方は「あすわか」さんで入手しましょう。リーフレットになったものは1部15円で手にはいりますよ♪ → http://www.asuno-jiyuu.com/search/label/%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%86%E7%B4%99%E8%8A%9D%E5%B1%85

 小澤さんのお話は、戦中の日本の様子や、今やEUの中心的地位にあるドイツと、隣国とも仲良くできない日本、との比較、そしてそれがどうしてそうなったのか、という内容が中心でした。

 質問も20近く出て、全てにお答えできる時間はありませんでした。いただいたアンケートの全ては、今後、この秘密保護法に反対していきたい、というお答えでした。

 

この映像は、ドイツ国内にある、強制収容所跡地など、戦争の遺跡を示しています。たくさんあるのです。ドイツは、先の大戦での「加害者」としての立場を忘れない努力をしているというお話でした。