国連自由権規約委員会で「秘密保護法」、とりあげられる。

国連の自由権規約委員会で、日本の「特定秘密保護法」がとりあげられたとのことです。
 

「秘密保全法に反対する愛知の会」さんがブログで詳しく報告されています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

 

(一部抜粋) 

 

7/5-6大阪での第2回全国交流集会で講演していただいた藤田早苗さんから、

 

7/15-16にジュネーブで行われた国連自由権規約委員会に傍聴・働きかけを

 

行ったレポートが届きましたので転送します。

 

 

 

「愛知の会」ブログに掲載しました。

 

 

 

 

なお、NHKでも秘密保護法に意見がでたことは報じられ、共同通信・東京新聞

 

にも記事がありました。

 

----------------------------

 

2014年7月17日 0時31分 NHK

 

国連委員会 特定秘密保護法に意見(動画あり)

 

 

 

 

2014/07/17 19:04 共同通信

 

ヘイトスピーチ対策促す 国連人権委の対日審査

 

 

 

 

2014年7月17日 東京新聞朝刊

 

【国際】ヘイトスピーチ「日本は対策を」 国連人権委

 

 

 
・・・・・・・・・・
中で紹介されていた、藤田さんのコメント、
>>
日本政府の回答は馬鹿らしかったですけど、すぐに小川さんと海渡先生とで反論を作成し、

 

委員と事務局に渡しておきました。そして、「情報公開法がある」なんて政府が言うから、

 

委員には愛知の会が用意した黒塗り資料を改めて見せておきました、

 

 

 

最後にロドリー議長もこの法律の必要性などを問うようなコメントもあり、必ず勧告には

 

入れられると思います。勧告を無視させないのはこれからの仕事です。

 

>>>

 

 

 

・日本政府の回答、それへの反論

 

・勧告とそれを無視させない取り組み

 

 

 

というところで、まだまだ、頑張っていきましょー♪
 
 (^_^)v