昨日のシール投票の結果、ほかご報告です。

集団的自衛権のシール投票結果です。

 

7/20(日) 13:30~15:00。
日曜日なのに、なぜか、制服姿の中学生さんもたくさん歩いていました。
そして、シール投票に協力してくれました。
みなさま、ご参加、ありがとうございましたー。

 

 

 

 

 

賛成    25名

 

わからない 9名

 

反対   115名

 

合計   149名
 
シール投票の担当さんからは、次のような報告がありました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 15分ぐらい中1くらいの男の子3人組と話し込んでしまいました。
「反対なんだけれど、やっぱりアメリカの後ろ盾はいるかなあ」とか、
「日本は科学技術が進んでいるから、北朝鮮のミサイルは撃ち落とせるよね」とか、
「国連が戦争に反対するから、自衛隊が出ていくようなことにはならないよね」とか。
 

・・・・・・・・

 

わたしが小学生のとき、「ロッキード事件」というのがありました。

学校でも話題で、ブルース・リーの「あちょ~」ぐらい、話題でした。

それと同じで、今の学校やお友達のなかでも、話題なのかもしれません。

 

だって、みなさん、気になりますよね。

 

しかし、昨日配布したチラシにも書きましたが、

憲法をよく読むと、あの憲法のままでは、「集団的自衛権の行使」というのは、

ムリなんですよね。ひっかかってくるのは、9条だけではない。

どうしてもやりたければ、憲法をそっくり変えるか、かなり手を入れないと、

難しんじゃないかと、一市民としても、思うのでした。

 

法律家やいろんな方が解説していますが、今日は、この動画をご紹介します。

とにかくいろんな意見を参考にしたり、自分で法律読んだり、いろんなひとと疑問を話してみたりして、自分の意見を持ちたいものです。

民主主義の国に生きているのですから。

 

木村草太氏:国会質問で見えてきた集団的自衛権論争の核心部分  

https://www.youtube.com/watch?v=8oZdzUOkhLA&feature=youtu.be

 

おわり