12月6日、登戸での「選挙の争点」シールアンケートの結果報告です♪

天気予報では、「晴れ」だったのに、午後は突然、雨が。。。天気予報を信じて、布団を干してきた、というかたの話も聞きました。うーん、何事も信用してはイケナイのか???

さて、12/6(土)登戸駅入口デッキ(川崎) 12:00~12:50
秘密保護法を考える川崎市民の会は、アンケート担当2名、アピールとチラシまき8名くらいで活動しました。チラシ配布は、日比谷の集会と投票へ行こう、のチラシでそれぞれ100部程度まきました。

アンケートの結果は、以下のとおりです。
「あなたは、選挙の争点として、何を重視しますか?」

①のボード
TPP 賛成2 反対15
労働規制緩和 賛成1 反対14
アベノミクス 賛成 2 反対14
原発輸出・再稼働 賛成2 反対15
憲法改正 賛成2 反対14
秘密保護法 賛成2 反対1

②のボード
震災復興 賛成22 反対1
子育て支援 賛成19 反対0
リニア新幹線 賛成6 反対13
消費税 賛成2 反対20
社会保障費用削減 賛成1 保留2 反対15
道徳教科化 賛成4 反対12
集団的自衛権 賛成3 反対17
辺野古新基地 賛成2 反対18
武器輸出 賛成3 反対16
 
・「震災復興について、メディアも政党も大きな声で言わなくなったのは、
 何故なの」という声が、とても多かったです。
・「アベノミクスの意味がもう一つよく解らない」という声が、数人から
 聞かれました。三本の矢はしっていますが、それが何かを言うことが
 出来ない方が多かったです。イメージ先行の政治状況が進んでいることを
 感じました。
・労働規制緩和については、老若男女とわず「おかしい」と回答がありました。
 子育て支援とともに、社会の持続可能性に強い関心が集まっていました。
・集団的自衛権には大賛成だけど、辺野古新基地には反対の人がいました。
 なんでと聞いたら、「友達が近くに住んでいるから」と率直に言われました。
 身近な人の命に落として考えると、戦争や、基地のリアリティが違ったもの
 として認識されるのかもしれません。
・TPPは農業だけの問題だと理解している人が多くいました。
 ジェネリック薬や保険制度とか水道などの大型公共事業も可能性が、と
 言うとたまげていました。
・シールアンケートをやることで、争点や反応を見せていくことも、
 重要な気がします。個人の人気投票の発表じゃないから全然OK。
・秘密保護法のご時世になろうという時に、シール投票を誘導型でなく、
 対話型でやる市民がいるということが、
 「こういうことが出来るこの国の民主主義も捨てたもんじゃない」感を
 醸し出していたように思います。良くも悪くも(かえって危機感をそぐ?)
 

おわり。